花咲ける青少年

花鹿と立人

アメリカに本拠を置く世界的大企業のバーンズワース財閥 は一代でその財を築き上げました。
現会長ハリー・バーンズワースの一人娘である花鹿は、 幼い頃に誘拐されかけたために カリブ海にある孤島で十年あまりのあいだ世間から 幽閉同然に隔離されて過ごしていましたが、 彼女が14歳になったある日、世間に出ることを許され 自らの希望で母の母国である日本の中学に通いだします。

しかしそれから一ヶ月、突如ハリーからアメリカに呼び戻される花鹿。 久しぶりに顔をあわせたハリーは、 花鹿に
「おまえは重い宿命を背負っており、  世間から隔離して育てたのも本当はその宿命のためだ」と告げます。
その宿命とはなにかと問いただす花鹿に対して、 ハリーはいきなり「ゲームをしないか」と持ち掛けます。

花鹿のことを生涯守ってくれる夫を、 これから彼女が出会うであろう自分が選んだ3人の男のうちから選べと言い、 夫が決まったその時に花鹿自身が背負っている宿命を話すというのでした。 しかもその3人が誰なのかは秘密で、 当の夫候補達も花鹿のことは知らないし、夫候補だということも知らせてはいないと言います。 突然のことに戸惑い、そんなのお互いに気づかないかもと不満を漏らす花鹿でしたが、 大丈夫だと自信満々のハリーに押し切られ、渋々ながらも「夫捜しゲーム」をすることになります。

そしてハリーは、花鹿と兄妹のように育ってきた 華僑財閥"倣家"の若き総帥・倣立人に対しても 花鹿が夫として誰を選ぶのか、 その相手が夫として相応しいかをそばについて見届けて欲しいと、 バーンズワース家から倣家へのより強固な支援を対価にして依頼をします。 幼い頃から見守ってきた花鹿の夫捜しを見届けろという頼みに複雑な感情を抱きながらも、 倣家の未来のためと自制してこれを引き受ける立人。

花鹿はハリーが突然言い出したこの謎の「夫捜しゲーム」を訝みつつも、 本来なら忙しさゆえに年に数度しか会えない立人と この「ゲーム」が終わるまでの間は一緒にいられることを無邪気に喜びます。
それに対し、実の妹以上に大切に思ってきた花鹿が生涯の伴侶を選ぶのを 傍で見守り続けなければならない日々に苛立つ立人でしたが、 この誰が選ばれた夫候補なのかが明らかでない「ゲーム」によって、 ハリーから仕事上のパートナーとしての人を見る眼を試されているのではないか とも考えた立人は、倣家の総帥として気を引き締めてこれに取り掛かります。

その後、花鹿は立人に見守られながら世界各国で それぞれに輝くような魅力を放つ3人の男と出会い、互いに惹かれ合います。 しかしそんな夫探しゲームのさなか、 花鹿の背負う宿命は早くも彼女を大きな事件へと巻き込んでいくのです。

倣 立人(ファン・リーレン)

立人さま

華僑の大財閥・倣家の若き総帥
幼い頃から倣家の跡取りとして英才教育を受けて育ち、 バーンズワースとのパイプ作りのために子供の時に花鹿と引き合わせられました。
若くして辣腕を揮うやり手の実業家。
知的な美貌をもつ長身の中国人で、外面はいいがその実捻くれ者。
作品開始時19歳

ルマティ・イヴァン・ダイ・ラギネイ

ルマティ

東南アジアの小国ながら、石油資源で急速な近代化を遂げたラギネイ王国の第二王子。
政教が一体で、神格化されて信仰の対象になっているラギネイの王族の中でも、 先祖返りとされるブルーの瞳と先代の賢王マハティ似の容貌ゆえに、 国民から高い人気を得ている。王子らしく倣岸不遜な振る舞いをしますが、 純粋で真っ直ぐな性格。 夫候補の一人。
作中登場時14歳

ユージィン・アレキサンドル・ド・ヴォルカン

ユージン

フランスの貴族・実業家ヴォルカン家の三男。
美しいプラチナブロンドと人目を惹く稀有な美貌の持ち主です。
魔的な魅力を放ち、泰然自若とした雰囲気ですが、若干嫌味な性格をしています。
その美貌から様々な女性(たまに男も)から盛んに言い寄られ その女性同士の刃傷沙汰も。 コロンビア大学在学。 夫候補の一人 。
作中登場時20歳

カール・ローゼンタール

カール

バーンズワース家と対立関係にあり、 「アメリカの見えざる政府」とも仇名される名門財閥・ローゼンタール家の長男。
ローゼンタール家の跡取りで、ハーバード大及び大学院を飛び級で卒業。
仕事のできる切れ者ですが、優しい性格のせいで非情になりきれない面も。
金髪で理性的な容貌の青年。
幼い頃のトラウマから閉所・暗所にいると発作を起こしてしまいます。 夫候補の一人。
作中登場時21歳

(人物紹介、Storyともにwikipediaより転載、多少手直しあり)

ページトップへ
Copyright©Sena's Room
inserted by FC2 system